宮城県富谷市と仙台市宮城野区岩切のhair make「aries」さま、仙台市若林区のKAILさま

宮城県内に美容室を3店舗経営しているお客様になります。
今回はアプリご担当の菅野 正規さまに、アプリ導入後のご活用についてお話をお伺いしました。

kanno

店舗向けのアプリの存在は導入前から知ってましたか?

Twitter、Instagram、Facebook、LINE@といった既存のアプリのコンテンツとして運用していく発想はありましたが、店舗向けのアプリの存在は知りませんでした。

おみせアプリのお話を聞いていただいた時の印象・どう思いましたか?

今まで活用してきたツールは「拡散」と「囲い込み」という2軸で考えていましたが、「囲い込むだけ」という発想をしたことがなくて、「どこまで活用できるのだろうか?」と思いました。実際に活用するまでは「囲い込むだけ」のイメージは難しかったです。

アプリの導入前はどういった販促を行っていましたか?

オープン直後は折り込みチラシ・手渡しでリーフレットによる販促を行っていて、その後はDM、ホームページ、ホットペッパー、Twitterをメインとしながらも、補足的にInstagram、Facebookを利用し販促を行っておりました。

アプリを導入後はどのような販促に変わりましたか?

全てインターネット上で完結するスタイルに変わりましたね。全てが連携したことによって、SNSのフォロワーが相乗効果で増加しました。Twitterだけでつながっていたお客様がFacebookを認知してくれたり、それにともなって、ホームページへの流入も増えました。
もちろん、上記はアプリが効果的なターゲットに対するアプローチで、アプリを活用できないターゲットに対してはオフラインでの施策は当たり前に行っています。

導入時に何か不安なことはありましたか?また、それは解消されましたか?

声掛けすればダウンロード促進は可能かと思ってたのでそこまで不安はありませんでした。
ただ、どこまでお客様の日常にアリエスが食い込めるのかは不安でしたね。「日常の中でアリエスのことを100%意識して頂ける人はそこまでいないだろうな」という懸念がありました。

多店舗で運営するにあたって工夫しているところ、難しいところなどはありますか?

クーポンは店舗ごとにサービスを変えるなどバリエーション増やす工夫をしています。

本当はSNSを店舗ごとに分けるやり方も検討していますが、今の形だと難しいところがあり検討中です。
最初によく使う店舗を選択した際に、その店舗の情報だけがTOPページに出てくるようになるといいのかな?と思います。

実際に利用してみてのご感想

機能としてはニュース機能が便利ですね。ニュースを見てアプリ起動し、バースデークーポンが届いているのをきっかけにその場で電話予約をいただくケースがあったりと活性化につながっています。
また、スタンプカードの機能も来店促進につながっています。アプリを活用して「スタンプを貯めているという意識」のお客様を育成できている実感があります。スタンプ2倍のキャンペーンを発信すると反応する方もいらっしゃいます。ニュース配信機能は重要だと感じます。

課題点としては、スタンプ満了クーポンの切り替えのタイミングが難しいですね。クーポンの内容を切り替えたい場合に何かしら良い機能があると嬉しいです。

要望としては、現状予約システムをホットペッパーにリンクさせているのですが、独自の予約システムではないので不便です。

難しいような気もしますが、SNSのタイムラインをアプリ上でも見ることができて、アリエスってこんな感じなんだと雰囲気をわかってもらえるような機能があると嬉しいですね。SNSでオフショットなども発信しているので、そのタイムラインがアプリのTOP画面上に出てきたらすごく理想的ですよね。

アプリそのものについてはデザインだけでなく、レイアウトのパターンが複数あって選択できるようになると面白いかもしれません。

お店の情報

app

HAIR MAKE aries×KAIL さま 公式サイト >
http://hairmake-aries.com/

アプリ紹介ページ >
http://introduction.bp-app.jp/aries/

 

ご担当の菅野さま、ご多忙の中、インタビューにご対応いただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

提供元
http://contents.digitallab.jp/app-case161219.html

おみせアプリ資料請求