美容室の売り上げを増やす方法は色々ありますが、いちばん理想的な方法は「既存のお客様の顧客単価を増加させる」ことです。なぜかというと、新規の顧客を獲得するにはそれなりの広告費がかかるからです。

新規顧客の獲得も大事ですが、せっかくお店に来て下さるようになった方(リピート客)の顧客単価を上げる施策をしてみませんか?
試してみてほしい方法は3つです。

美容室の顧客単価を上げる方法① :鏡で見せる前にスマホで完成写真を撮ってあげる。

1つ目は、『施術が全て終わった後、後ろのスタイルを鏡で見せる前に、スマホで写真を撮ってあげる』という方法です。
「え、写真撮るの?」というオーナー様や「ハイハイ、写真なら撮ってますよ。」というオーナー様など、反応は様々だと思います。

実際、最近は施術後の写真を撮ってくれる美容室も多いです。

ポイントは「鏡で見せる前」に撮ること!!

ところが、多くの美容室はおしい使い方をしています。
ここでのポイントは、お客様に髪の後ろ側を『鏡で見せる前』に撮ることなんです!
最近のスマホは画質がいいので、実際よりも艶やかに撮れることがしばしば。

ちょっとしたことではありますが、スマホの画像を見せながら「だいぶ変わりましたね~」と言われた後に鏡で見るのと、鏡で見てから画像を見るのでは印象が変わると思いませんか?

特にトリートメント後や髪を巻くなどセットをしてあげた後では、満足度は大きく変わります。

もちろん、お客様によっては顔を写さないにせよ写真を嫌がる方もいるので、様子を見ながら試してみましょう。

美容室の顧客単価を上げる方法② :玄関をおしゃれにする。

2つ目は、『玄関をおしゃれにする』ということです。

いつの頃からか、それなりの単価を獲る美容室では、どこに行ってもドリンクやお菓子などが出てくるようになりました。
おそらくこれも、『顧客の満足度UP=顧客単価を増やす』という施策のひとつかと思います。

実際、私もドリンクやお菓子が出てくると、単純にお店へ好感を持ちます。
最近では単価の高いメニューをしたのに(カット+パーマ+トリートメントなど)何も出てこないと、ちょっとガッカリするくらいです。

でも、逆にカットしかしていないお店でドリンクを出されて、ちょっと恐縮する場面もあります。
それくらい、顧客満足度を上げて顧客単価を上げていこうという美容師の方々の取り組みには本当に頭が下がります。

重要な『第一印象=玄関』のこと忘れていませんか?

しかし、意外と忘れられているのがお店の第一印象である『玄関』です。

美容室の場合、ビルの2Fや3Fなどにあることも多く、入口が狭いことも理由かもしれませんが、内装は綺麗にしているのに玄関はアッサリしていることが多いです。アッサリというのは、かなり柔らかくした表現で、具体的に言うと以下のようなことです。

  • ドアに貼られたお店のシールが剥がれている。
  • ドアからレジの裏側(ストック部分)などが丸見え。
  • 玄関マットが汚れている。(ずれている。穴があいている。)
  • シャンプーなどのポスターが色あせている。
  • 傘立てに忘れものらしき傘が大量に溜まっている。
  • 段ボールなどゴミらしきものが入口横に堂々と置いてある。
    などなど…。

こういったお店でこれから自分は2万円払うのかと思うと、ちょっと気落ちしませんか?
上にあげた例は極端なケースなのかもしれませんが、今一度、第一印象である「玄関」がお客様をおもてなしする場になっているか見直してください。

人は第一印象が大事とよく聞きますが、お店も一緒です。
綺麗にされた玄関を見ると、「それ相応の単価を払ってよい店」だとお客様に安心してもらえると思います。

改善方法としては、100円均一などで売っている窓に貼るシールを張ってみるとか、300円ショップに売っているガーランド(上からつるす飾り)を吊るしてみるとか、ちょっと予算があったら、下のようなおしゃれなリースをドアに飾ってみるのもいいかもしれません。

できることから始めてみましょう。

IMG_0676

美容室の顧客単価を上げる方法③: イベントと給料日を把握する。

3つ目は、顧客の『イベント(誕生日、発表会の日、デート日、同窓会の日、旅行に行く日など)や給料日を把握する』ということです。
私はお客側として美容室に行くので、あまり現実的な話はしたくはないのですが、ビジネスをするうえで顧客情報をゲットすることは非常に重要です。

大事なのはサービス・商品の説明だけではありません。

お客様も人間ですから、財布のひもが緩くなる時と固くなる時があります。
そして、財布のひもが緩くなる時に、「このトリートメントどうですか」とおすすめされるのと、後者の時におすすめされるのとでは、同じお客様でも反応が変わってきます。

売り上げの良い美容師さんは、そのあたりの情報を自然に聞き出しているケースが多いです。
そして、たとえば見送りの時に「同窓会楽しみですね。行く前に一度このあたりトリートメントとかするといいかもしれないです~」といったことを、お客様目線に立って自然におすすめするんです。

そうすると、お客様の中に「同窓会前にもう一回来てトリートメントもしてもらおうかな…」という選択肢がひとつ生まれます。

サービスや商品の良さをお伝えするだけでなく、お客様に「新メニューを試そう」「他のメニューを追加しよう」と思ってもらえる「きっかけ」を作ることも重要です。
営業色が強くならないように注意しながら、情報収集してみましょう。

ちょっとしたことで美容室の顧客単価を上げることは可能です!

今回あげた方法はあくまで一例にすぎません。

美容室において、大幅な改装やメニューの入れ替えなどをしなくても、顧客単価を上げることは可能です。
まずはできることから試してみましょう。

  1. 顧客単価を上げる方法:鏡で見せる前にスマホで完成写真を撮ってあげる。
  2. 顧客単価を上げる方法:玄関をおしゃれにする。
  3. 顧客単価を上げる方法:お客様のイベントと給料日を把握する。

【関連記事】
美容室に固定客を作る方法

お客様の誕生日など顧客情報を把握でき来店時のメニューや写真を残せる「来店機能」もついた美容室オーナーの強い味方。
「GMOおみせアプリ」についてはこちらから。

おみせアプリ資料請求