飲食店やネイルサロン、エステサロンのオーナー様や販促の担当者様は、日々の集客に頭を悩ませているのではないでしょうか?

ホームページやメルマガ、ブログにSNSやLINE@など、様々な集客ツールが世の中にありますが、
弊社のお客様の中からも

  • 色々な販促ツールがありすぎて何を使えばいいのかわからない
  • 新しい集客ツールを試してみたけど、使い方を覚えたころにはまた新しいツールが出ていて勉強するのが大変

といったお悩みの声を聞く事があります。

こんにちは。GMOデジタルラボ株式会社、仙台支店もも氏です。

今回は、上記のようなお悩みを抱える皆様にリピーター向けの販促に適したツールを2点ご紹介したいと思います。

リピーターを育成する2つのアプリ

集客アプリ①:LINE@

LINEはスマートフォンをお持ちの方でしたら皆さん馴染みのあるツールかと思いますが、『LINE@』というツールがあるのをご存知でしょうか?

店舗としてのアカウントを作ることで、友達登録してくれている人に一斉にメッセージを送信できる集客アプリです。

個人間でのやり取りも可能になるので身近な店舗と印象付けることができます。ショップから何かのメッセージが来た場合に、直接「今から行けますか?」などのリアルタイムなメッセージのやり取りが可能です。

店舗の事を思い出すきっかけづくりができるので、再来店の促進や来店周期の短縮を図る事が可能です。

料金体制は無料のプランもありますが、メッセージの総数に上限がありますので、登録人数が多くなったり、月に何度も送りたい場合にはすぐに上限に達してしまいます。

トークはこのメッセージにカウントされないので、密着した内容の情報を発信してお客様とやり取りをしたい場合などには有利かもしれません。

しかし、LINE@にはデメリットもあります。

LINE@のデメリット

LINE@には年齢認証がある

LINE@にはLINEと同じように年齢の認証などが必要になるために、大手キャリア以外の格安SIMなどの提供会社で契約している場合には年齢認証が取れません。年齢認証が出来ない場合はLINE@を利用できません。

契約時に生年月日を登録など年齢の確認をしない通信キャリアを使っている場合、LINE@の利用ができません。

参考:Social Media Lab LINE@で年齢認証が表示されて入れない時は?

LINE@はターゲットを指定した配信ができない

LINE@は、友達登録してくれているユーザーに対して一斉に情報の配信が可能ですが、例えば「女性のみ」「20代のみ」といったターゲットの指定はできません。そのため、学生向けのお得な情報を発信した場合でも、すべての友達に配信されてしまうので効率的ではありません。

 

集客アプリ②:GMOおみせアプリ

店舗向けアプリをご存知でしょうか。
店舗向けアプリは、ユニクロやマクドナルドといった大規模な店舗だけではなく、リーズナブルな価格で開発が可能になったため、個人店や地元のチェーン店でも導入しはじめている店舗が増えてきております。

例えば、地元の個人経営レストランなどにランチを食べに行くと、お店のテーブルなどにそのお店独自のアプリを紹介するチラシやPOPなどが置いてあり、それを目にする機会も増えてきたのではないでしょうか?

弊社は上記のような個人店からチェーン店向けに、「GMOおみせアプリ」という店舗向けアプリの制作を行っております。

一般のお客様が店舗向けアプリについて、どのようなメリットを感じていただけるのかを、一部実例も踏まえてご紹介したいと思います。

お客様目線から見た店舗向けアプリの良さとは?

お客様のメリット①お得なクーポンや割引情報、スタンプがもらえる

店舗向けアプリはお客様にとって便利です。アプリを使うとスタンプやポイントが貯まったり、お得な割引情報をゲットできたり、クーポンなどをもらうことができます。

公式アプリ利用後に来店や購入頻度が増えた理由をたずねると、「お得なクーポンが定期的に発行されているから」(63.5%)が最も多く、2位「ポイントが貯まりやすいから」(40.0%)、3位「キャンペーンが魅力的だから」(36.5%)と続いた。消費者にとってクーポンは、来店や購入の促進に有効な施策といえる。
参考:http://markezine.jp/article/detail/22598

お客様にとってはお得なクーポンやポイントなどがもらえるのはうれしいものです。

お客様のメリット②お客様の利便性が向上し、喜んでいただける

1度スマートフォン上にGMOおみせアプリをインストールすれば、お客様はスマートフォン上のアイコンをタップするだけで、すぐにそのお店の情報にアクセスできます。
そのため、わざわざインターネットでお店のホームページを、その都度、確認して使うよりも便利だと評判です。

また、行きつけのお店だとしても、毎日お店のホームページを閲覧するかというと、そこまでは見ないもの。
お店がお得な情報をホームぺージで発信していたとしても、キャンペーン終了後にホームページで情報を確認し、もったいないと後悔することも。

一方、店舗向けアプリの場合は、お店がプッシュ通知で配信することも可能なので、お客様がわざわざお店のホームページを見にいかなくても、お得な情報を見逃さないようになります。

アプリの場合、こまめに情報にアクセスできて、店舗のホームページやブログよりも便利だという意見もあります。

お客様のメリット③お客様とお店の距離が縮まる
  • お店からのニュースにすぐに気が付くので、お店の事を思い出せる。
  • アプリで知った情報があるので、スタッフさんとの話が弾む。

上記は弊社「GMOおみせアプリ」を導入していただいているクライアント様が、実際にお客様から頂いたお声です。

クライアント様からは「アプリを導入してお客様との距離が縮まった」というお言葉を頂いております。
参考:宮城県大崎市古川 美容室 ビューティーユミ(BEAUTY YUMI.jp)さま

まとめ

  • LINE@とGMOおみせアプリ、どちらもお客様との距離が近くなるので効率的にリピーターを作る事ができる
  • LINE@には年齢認証やターゲットを指定した配信ができないというデメリットがある

LINE@よりも手軽にインストールできるGMOおみせアプリにはお客様に喜んでいただける様々なメリットがあります。

例えば、ホームページやブログとSNSと比較しても、お客様は簡単な操作でお店の情報にアクセスすることができ、アプリ内にはお得な情報がありますし、自発的に情報を探しにいかなくても、お得な情報をお店からもらえるのでお客様にとっても手軽で便利。

近年、店舗向けアプリはリーズナブルな価格で制作できるようになってきているので、
個人経営の居酒屋や美容室などでも自店のアプリを導入する店舗が増えています。

お店様からすると馴染みのないアプリのストア申請代行やデザイン制作なども弊社で行うので、
お店様は店舗情報や掲載したい画像を準備していただくだけですので、簡単に自店のアプリを持つことが可能です。

おみせアプリ資料請求