mon Lapin(モンラパン)さまは、札幌市中央区にある「うさぎ専門店」です。

北海道初のカフェ併設うさぎ専門店で、うさぎ専門の「ペットショップ」、うさぎと遊べる「カフェ」、うさぎ専門の「ホテル」と複数の顔を持った人気店です。

今回は、オーナーの川浦さま、店長の林さまにアプリ導入後の活用についてお話をお伺いしました。

アプリを導入した経緯を教えていただけますか?

川浦オーナー:そうですね。実は、アプリに関して前々から気になってはいたんですよね。
私自身が色んなお店に行った時に、そのお店のアプリをインストールするということもあったんですけど、アプリってスマホの中にあると、常に無意識にも目に入るじゃないですか。

一度来店された方にアプリをインストールしてもらえたら、お店の存在がお客さまの意識に残るんじゃないかなと。

その時に、今の担当営業さんからお電話いただいて、とても丁寧で、話も聞きやすかったので、はじめて直接話を聞いてみようという気になったんです。

そうしたら、当時、たまたま私の主人もアプリは考えていたらしくて、GMOさんのアプリを何かで見た後だったんですね。
それで、あのGMOっていうところのだなって話になって、タイミングも良かったんだと思います。

――それから弊社の担当営業がおみせアプリのご案内をさせていただいたんですね?

川浦オーナー:はい。直接色々お話を聞いて、自分達でもアプリ内の内容を変えられたりとか、結構使いやすいんだと思いました。

アプリを導入する前は、POSレジの顧客管理のシステムの中に、メール配信の機能があって、それを活用していたんですね。
その中で、もうちょっとお客さまと直接リアルタイムにやり取りしやすいものがないかなと考えてもいたので、アプリもいいなと思いました。

↑ご希望のうさちゃんとお好きなドリンクを飲みながら癒しのひとときを過ごせます。

オーナーさまからアプリを導入するという話を聞いた時の印象を伺えますか?

林店長:打ち合わせをして、こういうアプリを使うってなった時は、お客さまにインストールしてもらう方法を考えないといけないと思いました。

個人的にはアプリとかは使わない派なんですよ。もう全く。
だから、自分みたいな人にどうやってインストールさせるか、どうやって定着させるかみたいな話し合いをしましたね。

川浦オーナー:ちょうど良い例が身近にいたんですよね(笑)。

林店長:割りとかたくなにアプリは入れない派で。
ほんとに欲しい情報は自分で調べるし、通知とかも嫌いなんですよ。

じゃあ自分だったら、何だったら入れるのか、何のアプリだったら入れているのかってなった時に、好きなミュージシャンの会員関係のアプリはインストールしていたんです。

なぜそれを入れる気になったかっていうと、そのアプリをインストールしているっていうステータス
好き同士で集まったら、「やっぱそれをやっているよね」とか、入れてなかったら「何で入れてないの?」みたいな。

だから、「うさぎ好きならモンラパンのアプリ入れててあたり前だよね」みたいになればいいと思いました。

↑店長の林さま

結果的に本格運用から半年ほどでインストール数が2,900件を突破していますよね?

川浦オーナー:そうなんです。今2,950件くらいで、もう少しで3,000件ですね。

――インストールを促す秘訣とかはあるんですか?

川浦オーナー:お店に来ていただいて、例えばカラオケボックスとかって必ず会員になってもらってから利用してもらうじゃないですか。
だから、それをちょっと参考にというか、カフェを利用した方には必ずアプリをインストールしてもらうようにしたんです。

林店長:もちろん、インストールしないとうちは利用できませんという言い方はしないです。
でも、利用するにはアプリが必要ですよというスタンスなので、皆さんインストールしてくれるんですよね。

川浦オーナー:アプリの話をきっかけにお話すれば、お客さまとのコミュニケーションにもなり、抵抗無くカフェに入っていただけるので、いい方法かと思います。

それに、うちの場合「生き物」を扱っているので、お客さまに名前だけ聞くというよりは、アプリを入れてもらってという方が、「うさぎを大切に扱わないと」という意識付けにもなっている気がします。

あとスタンプカードもあるので、お客様としてもうれしいものではあると思うんです。

↑店内にはいろいろな種類のうさちゃんがいます。

アプリ内にスタンプカードがあるというのは便利ですか?

川浦オーナー:そうですね。今、会員カードもやっているんですけど、カードだと意外と持ち歩いていない方も多いですよね。
色々なお店でポイントカードをもらうので、すぐパンパンになっちゃいますし、常に行くお店だけ財布に入れている方が大半かと思うんです。

結局、お財布に常に入れておくものという中に、自分のお店のカードが入るのかと考えた時、うさぎカフェであれば、そんなに常に行くっていう意識はないと思うんです。
でも、アプリだったら、スマホはいつも持ち歩いているので、忘れたとか失くしたとかの心配もないですし、いいと思っています。

ニュース配信の内容(文章の構成など)がすごくうまいなと感じたのですが?

川浦オーナー:ありがとうございます。林が夜な夜な考えて(笑)。

林店長:配信内容はもちろんですし、文字数や行間にも気をつけてニュースを作るようにしていますね。

※実は林店長、川浦オーナーの知らないところで、色々調べてどのような内容にするか工夫をしていたそうです。(インタビュー中に判明!)企業秘密な部分もあり、細かい内容は控えさせていただきますが、集客を真剣に考えてくれる従業員さんが居るなんて、すてきな会社ですね。

――メルマガを送っていた時と違いを感じる部分はありますか?

川浦オーナー:以前使っていたメルマガは、開封率とかまでは分からなかったんです。
アプリにしてからは、ニュース開封率を確認できるようになったので、反響などを検証できるようになったことは大きいですね。

ただ、今のPUSH通知の開封率だとまだまだかなと思っていて。
メルマガの時から、本当にうさぎ好きというか、お店のファンのお客さまは見てくれるんですけど、ライトな層のお客さまにリピーターになって欲しいな、来店率を上げたいなっていう思いがあるんですね。

インストールするところまでは今のところうまくいっているのかなと思うので、あとは開封率をどう上げていくかだと思っていて。
今、担当営業さんからもアドバイスをもらって、色々やり始めているところですね。

林店長:直近で送ったニュースの開封率が、初日だと18%~19%くらいで、その後、数日経って25%だったので、ちょっと微妙だったんです。

川浦オーナー:うさぎカフェという業態的に、最初はちょっともの珍しく来られる方が多いと思うんです。
そこから、どう2回目、3回目って繋げていくのかがやっぱり課題なんですよね。

林店長:ただ、アプリを始めてからリピーターさんも増えましたよね?

川浦オーナー:そうだね。アプリを既に持っているという方もいらっしゃるので。

↑ショップの商品の情報などもニュースで配信していただいています。

操作で分かりにくかったり、改善を希望される部分はありますか?

林店長:お客さま情報とスタンプ付与の連携がもっとスムーズだったらなと思いますね。
スタンプの画面で検索して出てくる情報が、お客さまの登録しているデータだけなので、こちらが登録した情報を見たかったら、別の画面に行って再検索しないといけないというのが、ちょっと二度手間なんですよね。

川浦オーナー:あとはうちの場合、カフェ利用の方とショップ利用の方で分けたいなと思うんですよね。
カフェ利用だとお客さまも1人1,000円くらいなんですけど、うさちゃんを買われる方だと色々そろえたら10万円とかの場合もあるので、スタンプにしてもニュース配信にしても分けられたらなと思います。

※川浦さま、林さま、貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。管理画面の操作の部分や、併設店の場合の応用法など、まだまだ改善が必要な点はあるなと感じています。より使いやすいアプリになるよう、改善方法などを検討していきたいと思います。

↑エスペランサちゃん。今度写真集にもなる人気者です。

アプリを導入しての率直な感想を聞かせてください。

川浦オーナー:そうですね。アプリはいいものではあるから、やり方次第かなと思いますね。
私自身は、すごい気に入っているお店のアプリは残すんですけど、そうじゃないものはアンインストールしてしまうこともありますし。
導入しただけではなく、うまく活用していかないといけないのかなと思います。

うちも今はじめたばっかりで、まだ効果的なものも明確な検証はできていないんですが、インストールしてもらうところまでは、今のところ問題なくできているので。
これから結果が出てきて、こんなことが良かったとかは出てくるんだと思います。

ただ、なんていうんですかね。
自分のお店のアプリがあるっていう、優越感じゃないけど、良さはありますよね。

自分自身もあちこちに行って、うさぎカフェの紹介をするときに、アプリを見せてこれ登録してくれればっていうのがすごく手っ取り早いので。
そういう紹介のツールとしても使えますし、アプリがあるっていうお客さまの安心感にも繋がるのかなと思います。

――林さまはご自身ではアプリをあまり使わないタイプだと伺いましたが、アプリを導入して良かったと思われますか?

林店長:良かったと思います。

まだ今は、1個やってみて、また次に他の1個をやってみたら、次コレが足りないという具合に試行錯誤している状況なんですね。メニュー欄の編集とか。

自分達が勧めやすいようにインストールの流れのPOPとかも作って、会員数が増えてきたら今度は、会員数はすごいけどニュース配信をしていないのがもったいないと担当営業さんから指摘されて(笑)。

それはすごいありがたいことで。
こっちが1個がんばってやってみたら、それに対して返事をくださるじゃないですか。

今度クーポンも活用してみてってことでアドバイスもらって、実際またクーポンを初めて使ってみたら、思ったほどの反響ではなくて、そこをどうしようかという話になり・・・。

1個ずつ積み重ねて時間かけてうちのお店に合った方法を完成させれば、やっぱりすごい集客には繋がると思うんです。

導入したからってすぐに結果が出るというわけでもないとは思いますけど、完成系が1個見えてくれば、相応の成果は出てくると思うので、アプリは良いと思いますよ

 

※川浦さま、林さま、貴重なお話をしていただき、どうもありがとうございました!うさちゃん達もとってもかわいかったのですが、何より、お2人のお人柄、笑顔の印象が強く、「また来たい」と純粋に思う、そんなお店でした。人気が出るのも納得ですね。今後ともどうぞよろしくお願いします!

↑JR札幌駅・地下鉄大通駅から徒歩5分。

(※取材日は定休日だったのでカーテンが閉まっていますが、いつもは窓からうさちゃん達を覗くこともできます。)

↑かわいいうさちゃん達は見ていて飽きないです。

 

モンラパンさまWEBサイトはこちら

モンラパンさまアプリ紹介ページはこちら

転載元:https://gmo-app.jp/works_detail.html?no=194

 

おみせアプリ資料請求