そのブログ・メルマガ・SNS、本当に集客アップにつながっていますか?

かつて広報の担い手といえばテレビ・新聞などのメディアや広告代理店の担当者(プロ)が中心でした。
しかし、1億総インターネット時代と言われる現代においては、オーナーさまや店長さま自らが集客に乗り出さなくてはいけない状況も少なくありません。

ブログやメルマガ、SNSによる集客がその代表例で、広報のプロとして勉強してきたわけでないのに、突然、毎日文章を考えて投稿しなくてはいけなくなったという方も多いのではないでしょうか。
そして、それに苦労している方も…。

今回は、そんなオーナーさまや店長さまに伝えたい、集客アップに効果的な文章の書き方の3つのポイントを記していきたいと思います。

shutterstock_178904063

集客アップに効果的な文章の書き方① 短文でまとめる

集客アップに効果的な文章を書く上で気をつけたいポイントの1つ目は、『短文でまとめる』という点です。

ブログやメルマガ、SNSすべてに言えることですが、webで配信している以上、お客様がそれらを読む環境は、必ずしも時間がある時ではないと推察されます。
実際、私もweb上の情報に関しては、ちょっとした移動時間や空き時間にスマートフォンで目を通す場合が多いです。

その場合、『お客様側に読む体制が整っていない状況で、いかに端的に情報を伝えるか』という点が重要になります。
特にさらっと読まれやすいもの(TwitterやInstagramなどの短文系のSNSやメルマガの場合)、ヴィジュアルが重要です。

『読ませる』ものではなく『見せる』ものだと認識した方がいいかもしれません。
その為にも、以下のような文章を心がけましょう。

  • 要点が端的にまとまっている。
  • 読み返さなくても内容が頭に入ってくる。
  • 難しい漢字を使用しない。過変換に気をつける。(×纏める⇒〇まとめる)

せっかく手間暇をかけて投稿する以上、その投稿には最大限の効果を期待したいですよね。
特にBtoC(個人顧客向け)の集客においては、ブログ/メルマガ/SNSのいずれにおいても、『短文で投稿する』ことで集客アップに繋がった例が数多くあります

できる限り端的な文章を心がけてみましょう。

shutterstock_125922125

集客アップに効果的な文章の書き方② 記号を有効活用する

集客アップに効果的な文章を書く上で気をつけたいポイントの2つ目は、『記号を有効活用する』という点です。
せっかく集客アップを目指して日々投稿を繰り返していたとしても、その情報がお客様に響かなければ意味がありません
しかし、コピーライターのようにキャッチーなフレーズを思いつけることは、そうそう多くないはずです。

そこで、キャッチーなフレーズがなくても、あるいは、旬なネタがなくても読んでもらう為に、『記号(!?*〇◎△▼‘《【★♪など)』を活用し、文章にリズム感を付けましょう。

例として、今から2つの文章をお見せします。(創作文)
どちらの方が、印象に残るか比べてみてください。

文章①

2周年キャンペーンのお知らせ
みなさん、こんにちは。
わくわくコーヒー店の店主の佐藤です。
このたび、オープン2周年を記念して、ご来店いただいたお客様に挽きたてのコーヒー豆などが当たる、福引キャンペーンを開催することにいたしました。
こうして2周年を迎えられたのも、みなさまのご愛顧のおかげだと思っております。
お近くに来られた際は、どうぞお気軽にお立ち寄りください。
なお、今回の福引キャンペーンは、今までわくわくコーヒー店にいらっしゃったことがないというお客様も対象となりますので、この機会にぜひのぞきに来てみてくださいね。
それでは、みなさまにお会いできる日を楽しみにしています。

 

文章②

【2周年キャンペーンのお知らせ】
みなさん、こんにちは!
わくわくコーヒー店の店主の佐藤です。
このたび、オープン2周年を記念して、ご来店いただいたお客様に「挽きたてのコーヒー豆」などが当たる《福引キャンペーン》を開催することにいたしました。
こうして2周年を迎えられたのも、みなさまのご愛顧のおかげだと思っております。
お近くに来られた際は、どうぞお気軽にお立ち寄りください♪
なお、今回の《福引キャンペーン》は、今までわくわくコーヒー店にいらっしゃったことがないというお客様も対象となりますので、この機会にぜひのぞきに来てみてくださいね。
それでは、みなさまにお会いできる日を楽しみにしています!

…どうでしょう。
後者の方が、すらすら読めて印象にも残ると思いませんか?

同じ文章でも、記号があるのとないのとでは印象が大きく変わります。
絵文字だらけにしてしまうことは、かえって煩わしい印象を与えてしまうこともあるので、あまりオススメしませんが、適度に記号を使うことで、集客アップに効果的な文章にすることが可能です

ブログ・メルマガ・SNSそれぞれで使用できる記号や絵文字等は異なりますが、使える記号は有効活用してみましょう。

shutterstock_535419571

集客アップに効果的な文章の書き方③ 読み手との距離感を保つ

集客アップに効果的な文章を書く上で気をつけたいポイントの3つ目は、『読み手との距離感を保つ』という点です。
言い換えると、「第三者が見てもわかりやすい文章か?」「新規の顧客が見ても興味のある情報が配信されているか?」という視点を忘れてはいけないということです。

…いつの間にか投稿内容が内輪ネタ(プライベート一色)になっていた。
…コメントのやり取りをする人がいつも一緒で、その人に向けて文章を書いていた。
これは、特にSNSやブログを長期間運用されている方や常連さんとの距離感の近いお店の方にたまに見られる傾向です。

既存のお客様との関係性が密になり、来店サイクルや購入頻度が上がることは、一見するとよいことのように思われます。
しかし、新規のお客様もしくは1~2度しか来店したことのないお客様の側からしたら、先述のような投稿は、必要がないものと判断され敬遠されてしまうケースがあります。

また、集客アップで始めたはずなのに、お客様とのコミュニケーションに主眼を置きすぎて、肝心の情報(セールの告知等)がうまくできない。
「いいね!」はいっぱい付くけれど、来店や購入には結びつかない』という事態におちいりかねません。

目的を見失った文章にならない為にも、『読み手との距離感を保った投稿』を心がけましょう。

shutterstock_567827776

まとめ

今回ご紹介した、集客アップに効果的な文章の書き方の3つのポイントは以下の通りです。

  • 短文でまとめる

⇒『お客様側に読む体制が整っていない状況で、いかに端的に情報を伝えるか』を意識。

  • 記号を有効活用する

⇒『記号(!?*〇◎△▼‘《【★♪など)』を活用し、文章にリズム感を付ける。

  • 読み手との距離感を保つ

⇒「新規顧客が見てもわかりやすい文章か?有益な情報か?」という視点を忘れない。

と、偉そうに述べてきた私も、ライティングに悪戦苦闘している1人です。
ついつい文章は長くなってしまうし、記号も使いすぎてしまったり、分かりづらい表現を使ってしまったり…。
先日も友人に、「読み込んだら面白いと思ったけど、知り合いが書いてなかったらスルーする」という、手痛い一言をもらったばかりです。

時代によっての流行もあるので、『集客アップに効果的な文章の書き方』を完全に習得するのは、一筋縄ではありません。
ただ、集客アップに繋げようという意識があるのとないのとでは、集客効果に大きな差が生じることは確かです。
ぜひ、その観点を忘れず、試行錯誤を重ねてみましょう。

きっと、お客様の心を打つ文章を書けるようになる日が、近づくに違いありません。

 

 

ライティングが苦手という方にもオススメのInstagramの使い方についてはこちらから。

【PUSH通知】機能でニュース開封率アップを支援。イベントやセールの告知等の情報配信、集客アップの手助けをしてくれるGMOおみせアプリについては、こちらをチェック

おみせアプリ資料請求