ペルソナマーケティングとは!?販促担当者必見!企業成長のヒント

ペルソナマーケティングとは!?販促担当者必見!企業成長のヒント
オンデマンドセミナー情報

新規集客とリピーター促進を成功させる秘訣

デジタル化が進む今、
店舗が実践しなければいけない施策とは

現代の市場は多様で変化が速く、マーケティングの成功には顧客理解が不可欠です。この理解を得るための効果的な方法の一つが「ペルソナマーケティング」です。

本記事では、ペルソナマーケティングとは何か、従来のターゲットマーケティングとどのように異なるのか、そして効果的ペルソナ作成の実践法について解説します。

目次

ペルソナマーケティングとは?

ペルソナマーケティングとは、マーケティングや製品設計などの分野で使用される、理想的な顧客やユーザーをもとにした架空の人物像「ペルソナ」を活用するマーケティング戦略です。

ペルソナを作成する際には年齢、性別、居住地などの基本的な人口統計学的情報に加えて、生活様式や趣味嗜好、抱える問題点にも詳細にわたって考慮します。ターゲットをより人間味のある存在として捉えることで、彼らの具体的なニーズに対応するためのマーケティング戦略をよりきめ細かく設計することが可能になります。

ペルソナマーケティングとターゲットマーケティングの違い

以下は、ペルソナマーケティングとターゲットマーケティングの違いをマークダウン形式で表にまとめたものです。

特徴ペルソナマーケティングターゲットマーケティング
ポイント個々の人物の詳細なプロファイル広範囲にわたる特定のセグメント
情報の深度性格、動機、行動といった質的な洞察に基づく年齢、性別、居住地などの定量的な属性に焦点を当てる
目的特定の「人物」のニーズ、好み、課題点に深く踏み込み、マーケティング戦略をパーソナライズする広いターゲット層を識別し、そのグループ全体にアプローチする
戦略のカスタマイズ個々のペルソナに合わせて細やかに調整された戦略を立てるターゲットセグメント全体に適用可能な一般的な戦略を使用する
メリットターゲット顧客との強い共感と理解を築き、より効果的なコミュニケーションとエンゲージメントを実現するための詳細な洞察を提供する市場を広くカバーし、高いレベルでのターゲット設定を可能にする
活用シーン特に顧客の購買経路や製品・サービスの使用経験において、細かなニーズや関心に対応する場合に適している市場の広い範囲を理解し、基本的なターゲット設定が必要な初期段階や広告キャンペーンに適している

ペルソナマーケティングのメリットと目的

ペルソナマーケティングのメリットと目的を以下にまとめます。

メリット

  1. 顧客理解の深化: ペルソナマーケティングを通じて、顧客の具体的なニーズや問題点を深く理解することができます。これにより、より個別化され、顧客にとって響くメッセージや製品を提供することが可能になります。
  2. コミュニケーションの最適化: 顧客のライフスタイルや価値観を基にしたペルソナを作成することで、より効果的なコミュニケーション戦略を立てることができます。ターゲットに合わせた内容やチャネルを選定し、よりパーソナライズされたアプローチが可能になります。
  3. 製品開発の指針: 顧客ペルソナをもとにした製品開発は、実際の顧客のニーズを満たすことができる製品やサービスを生み出す確率を高めます。市場での成功の可能性を向上させ、開発プロセスを効率化することができます。
  4. 市場セグメント化の精密化: 広範な市場からより具体的なセグメントを特定することで、マーケティングリソースをより効果的に配分することが可能になります。ターゲット市場への理解が深まり、競争上の優位性を確立することができます。

目的

  1. 顧客満足度の向上: ペルソナマーケティングを通じて顧客の真のニーズに対応することで、顧客満足度を向上させることが目的です。顧客の期待に応えることで、長期的な顧客関係の構築に寄与します。
  2. マーケティング効果の最大化: ターゲットとなる顧客の特性に合わせたマーケティング活動を展開することで、マーケティングのROI(投資利益率)を最大化することが目的です。リソースの無駄遣いを減らし、より効果的なマーケティング施策を実施することができます。
  3. 市場における差別化の実現: 顧客の深層にあるニーズや欲求を捉えることで、他の競合とは異なる独自の価値提案をすることができます。市場におけるブランドのポジショニングを強化し、差別化を図ることが目的です。

ペルソナマーケティングは、顧客中心のアプローチを取ることで、上記のメリットと目的を達成する強力な戦略です。顧客に深く寄り添うことで、より意味のある関係を築き、最終的にはビジネスの成長と成功につながります。

ペルソナ設定の基礎【初心者編!】

ペルソナの作成【初心者編!】

STEP

リサーチ

  • 対象となる市場の調査: 顧客、業界、競合他社に関するデータを収集します。
  • 顧客インタビューとアンケート: 既存顧客や潜在顧客にインタビューを行い、アンケートを実施して具体的なデータを収集します。
STEP

セグメンテーション

  • 共通点の発見: 収集したデータから共通の特徴、ニーズ、振る舞いを識別します。
  • 顧客グループのセグメント化: 識別した共通点に基づいて、顧客をいくつかのグループに分けます。
STEP

ペルソナの詳細を定義

  • 基本情報の設定: 名前、年齢、職業、収入などの基本情報を決定します。
  • ライフスタイルの描写: 趣味、興味、日常生活の様子など、ペルソナのライフスタイルを詳細に描写します。
  • ニーズと課題の特定: ペルソナの主要なニーズ、課題を明確にします。
STEP

ストーリー作成

  • ペルソナが直面する問題点を特定する:ペルソナが抱える具体的な問題や課題を特定します。これは、ペルソナが製品やサービスを求める「動機」に直結します。どのような状況でその問題に直面しているのか、どのようにして解決しようとしているのかを検討します。
  • 解決策を求めるプロセスを描く:ペルソナがどのようにして自社の製品やサービスを知ったのか、なぜそれが彼らの問題解決に適していると感じたのかを描写します。情報収集のプロセス、他の選択肢の検討、最終的に自社の製品やサービスを選んだ理由などを明らかにします。
  • ペルソナの感情と期待を反映させる:ペルソナが製品やサービスを利用することでどのような感情を抱くのか、どのような結果を期待しているのかを考慮します。これにより、製品やサービスが提供すべき価値と、顧客体験の向上ポイントが明確になります。
  • 背景ストーリーの作成: 上記を踏まえたストーリーを作成します。
STEP

ペルソナの利用と調整

  • マーケティング戦略に活用: 作成したペルソナを基に、マーケティング戦略や製品開発を行います。
  • フィードバックに基づく調整: 実際に戦略を実行した結果や市場からのフィードバックをもとに、ペルソナを定期的に見直し、必要に応じて調整します。

ペルソナの属性

ペルソナを作成する際に含めるべき情報を以下に示します。これらの情報は、ペルソナをより詳細に、かつ具体的に描写するのに役立ちます。各ペルソナが実際のターゲット顧客を反映したものになるよう、可能な限り具体的な情報を集めてください。

基本情報

  1. 名前: ペルソナに名前をつけ、個人化します。
  2. 年齢: 実際のターゲット層を反映させます。
  3. 性別: ペルソナの性別を特定します。
  4. 居住地: 都市部か田舎か、具体的な地域など、居住環境を示します。
  5. 職業: 仕事の種類や業界、役職などを含めます。
  6. 収入レベル: おおよその年収や家計の収入水準を示します。
  7. 教育歴: 最終学歴や専門性など、教育に関する背景を含めます。
  8. 家族構成: 配偶者の有無、子どもの数、同居している家族などを示します。

ライフスタイルと心理的特徴

  1. ライフスタイル: 日常生活の様子、趣味、興味があること、過ごし方などを詳細に。
  2. 価値観: 何を大切にしているか、人生観や哲学など。
  3. 性格特性: 社交的か内向的か、リスク回避型か挑戦的かなど。
  4. 購買動機: 製品やサービスを購入する主な理由。
  5. ブランドへの姿勢: ブランドに対する忠誠心や好み、信頼性への価値観。

購買行動

  1. 購買決定プロセス: 情報収集から購入決定までの過程。
  2. 利用している情報源: オンラインのレビュー、SNS、専門家の意見など。
  3. 購買の障壁: 購入をためらわせる要因や懸念事項。
  4. 過去の購買例: 以前購入した関連製品やサービス。

ニーズと課題

  1. 主要なニーズ: ペルソナが満たされたいと望む主な要望や欲求。
  2. 直面している課題: 解決を求めている問題点や困難。

テクノロジー利用状況

  1. 利用しているデバイス: スマートフォン、タブレット、PCなど。
  2. ソーシャルメディアの利用状況: 利用しているプラットフォームとその活用方法。
  3. オンラインの活動: オンラインショッピング、情報検索、エンターテイメント利用など。

これらの情報を組み合わせることで、ターゲット顧客のリアルな像を描き出し、より効果的なマーケティング戦略や製品開発を行うための基盤となります。

ペルソナの種類とその特徴

ペルソナは、その作成目的や利用されるコンテキストに応じてさまざまな種類があります。以下に、一般的なペルソナの種類を網羅して説明します。

1. 顧客ペルソナ(バイヤーペルソナ)

  • 定義: ある製品やサービスを購入する可能性が高い理想的な顧客を表す架空のキャラクター。
  • 目的: マーケティング戦略や製品開発を顧客のニーズに合わせて最適化すること。

2. ユーザーペルソナ

  • 定義: 製品やサービスの実際の使用者を代表する架空のキャラクター。顧客ペルソナと異なり、購入者ではなく使用者に焦点を当てる。
  • 目的: ユーザー体験(UX)の向上や、製品機能の改善に役立てること。

3. マーケティングペルソナ

  • 定義: 特定のマーケティングキャンペーンや活動を最適化するために作成されるペルソナ。
  • 目的: ターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツの作成や、効果的なマーケティング戦略の策定。

4. 販売ペルソナ(セールスペルソナ)

  • 定義: 販売プロセスにおける理想的な顧客のプロファイル。
  • 目的: 販売戦略の最適化や、セールスチームのトレーニングに活用すること。

5. サービスペルソナ

  • 定義: サービスやカスタマーサポートを利用する顧客の特徴を反映したペルソナ。
  • 目的: 顧客サポートの質の向上や、サービス体験のカスタマイズ。

6. 購入者ペルソナ

  • 定義: 購入決定プロセスにおいて製品やサービスを購入する人物のプロファイル。
  • 目的: 購入プロセスの理解を深め、購入に至るまでの障壁を特定して対策を講じること。

7. ネガティブペルソナ

  • 定義: 企業がターゲットとしない、または避けたい顧客群を表す架空のプロファイル。
  • 目的: マーケティングや製品開発のリソースをより有効なターゲットに集中させ、非効率な活動を避けること。

8. 競合ペルソナ

  • 定義: 競合他社の製品やサービスを利用している顧客の特性を反映したペルソナ。
  • 目的: 競合分析や、競合から顧客を奪取する戦略の策定に役立てること。

これらのペルソナは、それぞれ異なる目的や戦略に基づいて作成されます。適切なペルソナを作成し活用することで、顧客理解を深め、ビジネスの各側面を最適化することが可能になります。

ペルソナ作成テクニック【慣れてきたら実践】

ペルソナのビジュアル化:画像とテンプレートの活用

ペルソナをビジュアル化することで、より具体的にイメージすることができます。画像やイラストを使用し、フリーのペルソナ作成ツールやテンプレートを利用することで、効率的にペルソナを作成できます。

具体的には以下のような内容を盛り込むと良いでしょう。

ペルソナ作成において、基本的なステップを理解し、実践に慣れてきたら試してみたい応用テクニックをいくつか紹介します。これらは、ペルソナをより深く理解し、リアルな顧客像を描き出すのに役立ちます。

ジャーニーマップの作成

ペルソナが製品やサービスに出会う前から、購入後に至るまでの一連の体験(カスタマージャーニー)をマッピングします。各接点での感情や考え、体験の質を詳細に描き出し、顧客体験の向上ポイントを特定します。

ロールプレイやシナリオプランニング

チームメンバーがペルソナの役割を演じ、製品やサービスに関する特定のシナリオを通じて実際に体験します。このアプローチにより、製品の使い勝手やサービスの受け方についての洞察を得ることができます。

ペルソナに関連する質問リストの作成

ペルソナが持ちうる質問をリストアップし、それに対する答えを用意します。この過程で、製品やサービスのコミュニケーションポイントや改善点を見つけることができます。

実際のデータとの照合

作成したペルソナを実際の顧客データや市場調査データと照合し、リアリティのチェックを行います。これにより、ペルソナの正確性や現実性を高めることができます。

これらのテクニックを駆使することで、ペルソナ作成の精度を高め、より実践的なマーケティング戦略や製品開発を行うことができるようになります。

ペルソナマーケティングの注意点

注意点説明回避策
過度な一般化ペルソナ作成時に一般的な情報やステレオタイプに依存すると、非現実的なペルソナが生まれる。実際の顧客データやインタビューに基づき、具体的でリアルな情報を活用する。
データの新規性市場や顧客ニーズは常に変化するため、古いデータに基づくペルソナは時代遅れになる。定期的にペルソナを見直し、最新の市場動向や顧客データに基づいて更新する。
実際の顧客との乖離ペルソナは架空のキャラクターであるため、実際の顧客と乖離することがある。ペルソナを使ったマーケティング戦略の効果を測定し、顧客フィードバックを取り入れる。
過度に複雑化多くのペルソナを作成しすぎると、マーケティング戦略が複雑化し、リソースが分散する。最も重要なターゲット顧客に焦点を絞り、対応できる数のペルソナに制限する。
客観性の欠如チームの先入観や偏見に基づくペルソナ作成は、実際の顧客を反映していない。客観的なデータと多様な視点を取り入れ、チェックポイントを設ける。
行動の洞察に欠けるペルソナが人口統計学的なプロファイルに留まり、実際の行動や決定プロセスの洞察に乏しい。ペルソナに行動パターンや意思決定プロセスを含め、製品が顧客ニーズをどう満たすかを明確にする。

ペルソナの設計が完了した後の流れとは

ペルソナの設計が完了した後に取り組むべきステップは、ペルソナを活用してマーケティング戦略や製品開発をより顧客中心のものにするための具体的な行動です。ここでは、ペルソナ設計完了後の流れを具体的に説明します。

STEP

マーケティング戦略の見直しと調整

  • マーケティングにおける訴求ポイントの調整: ペルソナのニーズ、興味、行動パターンに基づいて、訴求ポイントをカスタマイズします。
  • コンテンツ戦略の策定: ペルソナが求める情報を提供するためのコンテンツ戦略を策定し、ブログ記事、ソーシャルメディアの投稿、メールマーケティングなどを計画します。
  • チャネル戦略の最適化: ペルソナが最も活動的なチャネル(ソーシャルメディア、検索エンジン、オフラインイベントなど)を特定し、それらのチャネルを通じてマーケティング活動を実施します。
STEP

製品開発と機能の改善

  • 製品機能の優先順位付け: ペルソナの課題やニーズに最も直接的に対応する製品機能に優先順位を付けます。
  • ユーザー体験の最適化: ペルソナの利用シナリオを基に、ユーザーインターフェース(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)を改善します。
  • プロトタイピングとユーザーテスト: ペルソナに基づいた製品のプロトタイプを作成し、実際のユーザーテストを通じてフィードバックを収集します。
STEP

セールスとカスタマーサポートの強化

  • セールス戦略の調整: ペルソナの購買決定プロセスを理解し、セールスチームに対するトレーニングを実施して、より効果的な販売アプローチを促進します。
  • カスタマーサポートのパーソナライズ: 顧客サポート体験をペルソナの期待に合わせてパーソナライズし、顧客満足度の向上を図ります。
STEP

継続的な評価と改善

  • パフォーマンスの測定と分析: 実施したマーケティング戦略や製品改善の効果を測定し、ペルソナに基づいた目標達成度を分析します。
  • フィードバックの収集と反映: 顧客からのフィードバックを定期的に収集し、ペルソナの精度の検証と改善に反映します。

ペルソナの設計後は、これらのステップを通じてペルソナを実際のビジネスプロセスに統合し、顧客中心のアプローチを徹底的に実践することが重要です。ペルソナを活用した具体的な戦略と実行は、製品やサービスの市場適合性を高め、顧客満足度を向上させる鍵となります。

まとめ

ペルソナマーケティングは、顧客の深い理解に基づく戦略で、理想的な顧客像「ペルソナ」を用いてマーケティングメにおける訴求の仕方を調整し、製品開発を顧客中心に進めます。顧客の詳細な分析により、顧客満足度とマーケティング効果を最大化することを目指します。定期的なデータ更新と実際のフィードバックの取り入れが重要です。

\ 新規集客よりも効率的なリピーター集客/

オンデマンドセミナー情報

新規集客とリピーター促進を成功させる秘訣

デジタル化が進む今、
店舗が実践しなければいけない施策とは

よかったらシェアしてね!
デジラボ編集部
執筆・監修
店舗集客のヒントが満載のWEBマガジン「デジラボ」は、店舗の集客とデジタルマーケティングに関するヒントを提供すしています。
GMOおみせアプリ やSNS、WEBを活用した集客や販促の情報が盛りだくさん。
また、無料でダウンロード可能な資料も提供しており、店舗運営者やマーケティング担当者に向けた販促の情報源として定期的に内容を更新しております。
目次